【2022】 ARTS&CRAFT静岡手創り市のアクセス・宿泊・観光情報まとめ

  • URLをコピーしました!

静岡おでん大好き筆者( .@azusagut )です。

毎年2回開催されている「ARTS&CRAFT静岡手創り市」ですが、2022年秋も実施されます。

そこで、本記事はARTS&CRAFT静岡手創り市

  • 概要
  • アクセス方法
  • 宿泊情報・観光情報など

について書きました。

静岡の護国神社で開催され、アクセスも比較的簡単です

他の陶器市についてはコチラから。

陶器市に行けなくてもネットなら自宅からでも日本中のうつわに出会えます!

目次

ARTS&CRAFT静岡手創り市の概要

  • 開催日時:10月8日(土)~9日(日) 9:00~16:00
  • 会場:靜岡縣護國神社 〒420-0821 静岡県静岡市葵区柚木366
    ※携帯のナビを使うなら「大鳥居「一の鳥居」」で検索してください!そうしないと遠回りになります!

ARTS&CRAFT静岡手創り市は毎年春と秋の2回開催されているクラフト市です。

それぞれ開催のテーマが定められ、それに沿った内容で運営がされています。

出店はうつわ、木工、金工、ガラス、染め物など多岐にわたり、フード関係の出店もあります。

2022年秋の出店はこちらからご確認ください

会場のレイアウトもわかるのでアクセス前にご確認を

会場は護国神社内の

毎回顔触れが変わるため年に2回楽しみがある市です

↑目次へ戻る

アクセス方法

会場へは電車か自動車でのアクセスが可能です。

公式アナウンスでは電車を推奨していますので、できるだけ電車でお越しください。

電車でのアクセス

目的駅は静岡鉄道線「柚木(ゆのき)」またはJR東海「東静岡」です。

柚木駅までのアクセス
JR「静岡」下車→徒歩10分で静岡鉄道静岡清水線・新清水行「新静岡」へ。
同駅乗車→「柚木」下車→徒歩10分 計約37分着。片道\140

「静岡」から「新静岡」迄10分歩くのがネック。その代わり「柚木」からは近いです。

東静岡までのアクセス
JR「静岡」下車→JR東海道本線・熱海行「静岡」乗車→「東静岡」下車→徒歩15分
計約18分着。片道\150

こちら方がおすすめ。歩く距離が少ないのでおすすめです。

いずれも本数はたくさんありますのでそこまで時間を気にしなくても大丈夫です。

自動車でのアクセス

会場には駐車場がないので、柚木駅または東静岡駅周辺のコインパーキングをご利用ください。

柚木駅
〒420-0822 静岡県静岡市葵区宮前町
東静岡
〒420-0813 静岡県静岡市葵区長沼

↑目次へ戻る

宿泊情報

宿泊には「静岡」駅がホテルの数や立地、観光を加味して一番便利です。

ホテルオーレ イン

駅から徒歩10分。楽天トラベル評価4.74。1泊6,000~

静岡市内唯一の天然温泉付きホテル。無料朝食ビュッフェもあり、木目調の落ち着いた部屋でゆっくり過ごせます。

ホテルオーレ インを見てみる

限定ですが、夕食にカレーが無料で食べられます!

ホテルプリヴェ静岡

駅から徒歩1分。楽天トラベル評価4.48。1泊\4,500~

駅から1分の好立地。ホテル最上階にある大浴場からは天気次第で富士山が見られます!朝食はモーニングBOXという持ち帰り又は自室で食べられるサービスがあります。

ホテルプリヴェ静岡を見てみる

サウナが男女ともにあるのもうれしい!

ホテルドルフ静岡

駅から徒歩7分。楽天トラベル評価4.32。1泊\2,350~

とにかく飲食に対するサービスが素晴らしく、朝食はまぐろ盛り放題!夜は1時間ソフトドリンク・アルコール飲み放題で静岡おでんと豚丼のセットも無料提供という太っ腹です。

ホテルドルフ静岡を見てみる

静岡駅から送迎もありますよ!

↑目次へ戻る

観光情報

静岡県は東西に長く、エリア毎の特徴があります。観光に関しては静岡の観光協会様にお願いします。

なので、うつわ関係をご紹介します!

いつものパターンですね!

静岡陶芸美術館

古今東西さまざまなうつわと出会える美術館です。場所が沼津なので片道45分ほどかかりますが、よろしければどうぞ。

駿府の工房 匠宿

国内最大級の伝統工芸体験施設。今も大切に伝わる駿河竹千筋細工・和染・木工・漆・陶芸などのさまざまな工芸体験を楽しめます。クラフト市帰りに体験していっては?

↑目次へ戻る

ARTS&CRAFT静岡手創り市のまとめ

本記事では、「【2022】 ARTS&CRAFT静岡手創り市のアクセス・宿泊・観光情報まとめ」について書きました。

アクセスは非常に簡単です。電車とホテルの予約だけ抜かりなく!立地によっては日帰りも十分可能な距離です。

宿泊される場合は、ぜひ静岡観光も併せておたのしみください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次