【まとめ】2023年全国開催予定の陶器市・クラフト市・クラフトフェア日程

  • URLをコピーしました!

23年も全国の陶器市やクラフト市を楽しみたい筆者( .@azusagut )です。

本記事では、2023年に開催される全国の陶器市やクラフト市クラフトフェアの日程や開催場所を月別に、一覧にしてまとめました。

北は北海道、南は沖縄、日本各地で行われる陶器市数は約73ほど!

新しい情報が入り次第どんどん、追加情報を出していきます!

記述段階で日程が確定していないものは参考として22年のものを記載しています

情報が更新され次第、こちらの情報も随時更新してきます

ホテルの予約は大丈夫ですか?楽天トラベルでいい宿を見つけましょう!

欧州のうつわなら、ここが確実でおすすめ!

目次

1月の陶器・クラフト市

ハンドメイドジャパンフェス

  • 開催日時:2023年 1月21日(土)・1月22日(日) 11:00~18:00
  • 会場:東京ビッグサイト西1・2ホール  東京都江東区有明3-11-1

日本全国からおおくのハンドメイド作家があつまるのが、ハンドメイドジャパンフェス!

そのジャンルは非常に多岐にわたり、うつわ・雑貨・ファッション・アクセサリー・アート

目が回るような出店数で来場者を楽しませてくれます

飲食ブースはもちろんですが、アーティストによるライブも特徴の1つですよ!

東京にいながらして全国の作家さんたちと触れ合い、また、全国の食にも触れることができる一大イベントです!

ちなみに、入場にはチケットが必要なので事前購入をお忘れなく…。

前売:1,300円 当日:1,500円

チケット購入はこちらから!

ワークショップも豊富に開催!

↑目次へ戻る

2月の陶器・クラフト市

欧州のうつわなら、ここが確実でおすすめ!

青森クラフトフェアA-line

会場となるアスパム
  • 開催日時:2023年2月月18日(土)~19日(日) 10:00~16:00
  • 会場:青森県観光物産館 1.2階 〒030-0803 青森県青森市安方1丁目1番40号
  • 電話番号:017-722-8820

青森県開催の冬場にしては珍しいクラフトフェアです。

実は2月中旬は雪が少ない青森県

40程の店舗が並びうつわをはじめとする、雑貨、ハンドメイド作品が楽しめます。

開催地のアスパムは食事、買い物、体験といった観光の総合施設となりますので

併せて楽しむことができると思います。

13階の展望台は絶景ですよ!

↑目次へ戻る

3月の陶器・クラフト市

欧州のうつわなら、ここが確実でおすすめ!

ひなのクラフトフェア

会場となる岩村本通り
  • 開催日時:2023年3月18日(土)~19日(日)
  • 会場:岩村本通り
       〒509-7403 岐阜県恵那市岩村町251
  • 電話番号:0573-43-3231(恵那市観光協会 岩村支部)

国の重要伝統的建造物群保存区域や「美しい日本の歴史的風土100選」にも選定された岩村通で行われるクラフトフェアです。

岩村城下町は、元々職人の町として栄え、商家の街並みが今に残っています。

そんな立地で行われる本イベントは全国から工芸、手芸、雑貨…とりどりの出店があります。

フリーマーケットのような雰囲気で気軽に楽しめます

出店はさまざまですが、うつわもありますよ

↑目次へ戻る

京都アート・クラフトマーケット

会場となる、京都京都文化博物館別館。厳かな雰囲気です
  • 開催日時:2023年3月17日(金)~19日(日)11:00~17:30(19日のみ~17:00)
  • 会場:京都文化博物館別館
    〒604-8131 京都府京都市中京区菱屋町 48 三条通高倉西入
  • 電話番号:075-222-0895(京都アート・クラフトマーケット担当)

京都にある京都文化博物館で行われる、芸術、工芸のクラフト市です。

京都にゆかりのある若い作家、職人さんたちが集まり、幅広い分野の工芸、美術の展示・販売を行います。

伝統工芸の実演やワークショップもありますよ!

もちろんうつわ関係の出店も多数!

若手が中心、という趣向のもと行われるこのクラフト市。若いエネルギー渦巻くこのクラフトマーケットをぜひお楽しみください!

↑目次へ戻る

伊万里大川内山春の窯元市

伊万里焼は美しい。間違いない。
  • 開催日時:23年3月31日(金)~4月2日(日)予想 9:00~17:00
  • 会場:伊万里市大川内町 〒848-0025 佐賀県伊万里市大川内町丙231-2
  • 電話番号:伊万里鍋島焼協同組合 0955-23-7293

秘釜の里と呼ばれる伊万里市大川内町で催される、伊万里焼の陶器市です。

スタンプラリーといったイベントもあり、また会場内となる町内はお店も多いので比較的ゆったりと過ごせると思います。

電車でのアクセスの場合、本数が少ないので時間に注意です!

↑目次へ戻る

4月の陶器・クラフト市

欧州のうつわなら、ここが確実でおすすめ!

4月に開催される陶器市、クラフト市の数は9件の予定です。

静岡アートフェスティバル

静岡市青葉イベント広場
  • 開催日時:2023年4月22日(土)〜24日(月)10:00~17:30(初日11:00~/最終日~16:00)
  • 会場:静岡市青葉イベント広場 葵スクエア
    〒420-0031 静岡市葵区呉服町2-5-14
  • 電話番号:090-9228-1823

静岡駅ほど近いイベント会場で催さ

れるクラフト市です。

出店内容がとにかく幅広いのが特徴で、

うつわはもちろん、木工、金工、革、竹、染め物、家具、アクセサリー、花雑貨…などなど!

絵画木版画といった芸術作品も多く見ることができます

展示販売をはじめ、実演やワークショップのような体験イベントもありますよ。

日本各地から多くの作家さん、職人さんたちが集います。静岡で様々な芸術や陶器などに触れてみてください!

↑目次へ戻る

笠間の陶炎祭

笠間稲荷。観光の1つにどうぞ。
  • 開催日時:2023年4月29日(土)~5月5日(金)予想
  • 会場:〒309-1611 茨城県笠間市笠間2345 笠間芸術の森公園イベント広場
  • 電話番号:笠間焼協同組合 0296-73-0058

「陶炎祭」とかいて、「ひまつり」と読みます。

40年を超える歴史があり、200を超える窯元が集まる陶器市です。

毎年様々なイベントや企画が催され、飲食ブースも立ち並びますので毎年行っても楽しめる内容です。

GW期間の開催なので非常に混雑するのでホテルや交通手段の確保はお早めに!

↑目次へ戻る

春の砥部焼まつり

愛媛といえば、みかんですね。
  • 開催日時:23年4月15(土)~16日(日)予想
  • 会場:第1会場 砥部町陶街道ゆとり公園 〒791-2195 愛媛県伊予郡砥部町千足400番地
    第2会場 砥部焼伝統産業会館 〒791-2132 愛媛県伊予郡砥部町大南335
  • 電話番号:電話番号:089-962-7288(砥部町商工観光課)

春と秋の年2回開催される陶器市で、第一会場のゆとり公園を中心に、約7万にほどの人が訪れる大規模な市です。

やはり一番の目玉は大即売会で、通常価格よりも安くうつわたちが購入できますよ。

イベントも盛りだくさんで、絵付け・ろくろ体験、チャリティーオークションやお茶席などなど非常に楽しめる市です。

第二会場となる砥部焼伝統産業会館はまつり開催期間中は入場無料です!

↑目次へ戻る

みどりのクラフト

会場となる狭山稲荷山公園
  • 開催日時:23年4月15日(土)~16日(日)予想 10:30~16:30
  • 会場:狭山稲荷山公園 〒350-1324 埼玉県狭山市稲荷山1-23-1

埼玉県の狭山稲荷山公園で行われるクラフト市で、22年時点で第5回。23年で6回目となる新しい市です。

都内から電車で一時間ほどでアクセスできますが、やや乗り換えが多いので注意。

焼き菓子やコーヒーなどの飲食店も出るのでゆっくり時間をかけて休みながら過ごせます!

↑目次へ戻る

あおぞらクラフトいち

会場となる千波湖
  • 開催日時:2023年年4月29日(土)~30日(日)10:00~17:00 決定!
  • 10:00~17:00 ※雨天決行
  • 会場:千波湖畔ふれあい広場 〒310-0851 茨城県水戸市千波町546
  • 電話番号:029-255-6026 あおぞらクラフトいち実行委員会

年2回、GWと10月ごろ開催されるクラフト市です。

普段は水戸芸術館広場での開催ですが、22年は千波湖畔ふれあい広場での開催となりました。

作家さんによる展示販売のほかにもワークショップをはじめとする体験。

アコースティックライブから飲食ブースまで色とりどりの催しとなっております。

うつわ以外での楽しみもたくさんありますよ!

↑目次へ戻る

春の益子陶器市

どどーんと、狸がお出迎え
  • 開催日時:2023年4月28日(金)~5月7日(日)予想
  • 会場:〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町内各所(城内坂、サヤド地区中心)
       9:00~17:00(最終日は16:00まで) ※各店舗・テントにより異なります
  • 電話番号:益子陶器市実行委員会(益子町観光協会)0285(70)1120

1966年から始まり、毎年ゴールデンウィークと秋の2回開催される陶器市です。

益子駅からほど近いサヤド地区を中心におよそ50程の店舗600にも及ぶテントが立ち並ぶ圧巻の市です。

益子焼はもちろん美術品など、幅広いラインナップ!

また、町内開催のためお店も多いので疲れた足を休ませられる喫茶店やカフェもたくさん!

嬉しいことに会場が非常に広いので、1日で回りきるのはかなり骨が折れますので、

あらかじめお目当てのお店を見つけておくのがおすすめです。

↑目次へ戻る

波佐見陶器まつり

会場もよりの「有田」駅。ここからバスなどで行けます。
  • 開催日時:4月29日(土)~5月5日(金)例年と同じと予想されます。
  • 会場:やきもの公園 〒859-3711 長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2255-2

数ある波佐見焼の陶器市で、一年を通して一番最初に開催されるものです。

ややアクセスが不便ではありますが、シャトルバスを利用すればらくちんです。

とはいえシャトルバス組は多いと思うのでタクシーも利用してください

↑目次へ戻る

ムーンビーチ おきなわ全島やちむん市

  • 開催日時:4月29(土)~30日(日)予想
  • 会場:ホテルムーンビーチBF マーメイドテラス 〒904-0414沖縄県国頭郡恩納村字前兼久1203

ホテルで開催されるちょっと珍しいやちむんの陶器市です。

空港からリムジンバス1本ですぐいけるのでアクセス自体は比較的簡単です。

市内観光も考えるなら、レンタカーを借りるとらくちんです

↑目次へ戻る

有田焼陶器市

  • 開催日時:23年4月29日(土)~5月5日(金)決定!
  • 会場:「有田」駅周辺(西松浦郡有田町 佐賀県道281号大木有田線)

なんと明治29年からつづく陶器市で23年には119回を数える陶器市です。

会場は有田駅近くの県道281号線上におおくの店が立ち並び、全国より多くの観光客が訪れます。

なんと全国120万人…!

写真コンテストやチャリティー封袋といったイベント・販売をはじめ、

うつわを通常よりもお手軽価格で購入ができるので是非是非遊びに行ってみてください!

GW期間の開催ですのでホテルの予約はお早めにどうぞ!

↑目次へ戻る

5月の陶器・クラフト市

5月に開催される陶器市、クラフト市の数は8の予定です。

欧州のうつわなら、ここが確実でおすすめ!

信楽作家市

会場となる「陶芸の森」
  • 開催日時:2023年5月2日(火)~5日(金宿)決定!
  • 会場:陶芸の森 〒529-1804 滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7

23年で17年目となる大会で全国から作家さんが集まり、催される陶器市です。

展示即売のほか、ワークショップ関連も充実しており買い物だけではなく、陶芸体験なども可能です。

全国の作家さんが会する陶器市ですので滋賀に行けば、全国の作家さんとの出会いがありますよ!かな生活空間が始まるでしょう。

うつわをはじめとする陶磁器が主ですが、革や木工などの作家さんも参加されます!

↑目次へ戻る

九谷茶碗まつり

  • 開催日時:2023年5月3日(水)~5日(金)
  • 会場:(根上総合文化会館特設会場 〒929-0113 石川県能美市大成町118
    寺井体育館特設会場 〒923-1121 石川県能美市寺井町150)
    九谷陶芸村会場 〒923-1111 石川県能美市泉台町南22(例年はここで開催)
  • 電話番号:0761-58-6656

九谷茶碗まつりは九谷焼の陶祖を偲んで、明治41年に「慰霊祭」をしたのが始まりとされているお祭りです。

かなり歴史のながい陶器市なんですね

毎年約50ほどの九谷焼商社特設店が出店し、普段使いのうつわから美術品まで!どれも特別価格で購入可能な陶器市です。

他にも模擬店や飲食ブースも20店前後出店があるのでうつわを楽しみつつ、ご当地グルメも楽しめる内容です!

22年は分散開催でしたが、23年はどうでしょう?

↑目次へ戻る

土岐美濃焼まつり

  • 開催日時:2023年5月3日(水)~5日(金)9:00~17:00 決定!
  • 会場:織部ヒルズ(美濃焼卸商業団地) 〒509-5171 岐阜県土岐市泉北山町3-1
  • 電話番号:0572-55-1322 (土岐美濃焼卸センター)

毎に開催され、有田陶器市、せともの祭と並ぶ日本三大陶器まつりの一つとされています。

出展者数は300を超え、来場者数は毎年30万人の大規模な陶器市となります。

蔵出し市をはじめとする、とにかくお得に美濃焼が購入できますよ!

他にも、全国から木工やガラス細工、革といった作家さんも多く集まるので、うつわいがいの楽しみも多いのが特徴です。

もちろん飲食系もあるので心配なく!

↑目次へ戻る

ヴィレッジ(高知県開催)

高地といえば、龍馬
  • 開催日時:2023年5月13日(土)~14日(日)10:00~17:00 予想
  • 会場:鏡川河畔「みどりの広場」(高知県高知市鷹匠町 1 丁目 3-14)
  • 鷹匠公園(高知県高知市鷹匠町 2 丁目 4-94)
  • 山内神社(高知県高知市鷹匠町 2 丁目 4-65) の3か所開催

人とのつながり、モノや食、音を通して」をテーマに、県内で活動している作家などが集うイベントです。

アートや飲食といった出店、ライブステージやワークショップも豊富で、

見て、食べて、聞いて楽しいイベントとなっています。

うつわはもちろん、木工、金工、ガラス、革…種類豊富で楽しい!

では約150店舗、約3万人の来場者がくる大きなイベントですよ

↑目次へ戻る

Village(三島市開催)

開城となる楽寿園
  • 開催日時:2023年5月13日(土)~14日(日)予想
  • 会場:三島市立公園 楽寿園 〒411-0036 静岡県三島市一番町19-3

ARTS&CRAFT静岡手創り市が主催するクラフトマーケットで、会場が「町」の様相を呈しているのが特徴です。

場内はエリアごとにテーマが決められており、そのテーマに沿った出展者が集まります。

エリアは「中町」といったように町名が付けられていますよ!

陶磁器はもちろん、金工、木工、革…飲食店、カメラ、ワークショップとかなり幅広い分野が集まります。

2日間かけてのんびり散策するのがおすすめですね

特に見どころは夕方開催の茶屋夕方です!

↑目次へ戻る

フィールドオブクラフト倉敷

会場となる倉敷市芸文館
  • 開催日時:2023年5月13日(土)~14日(日)10:00~17:00 ※14日は~16:30 決定!
  • 会場:倉敷市芸文館前広場 〒710-0046 岡山県倉敷市中央1丁目18-1

フィールドオブクラフト倉敷は、2006年から始まったクラフト市で、23年が16回目となります。

このクラフト市は作品の販売のみならず、制作の工程、使用する道具などの展示

制作の実演はもちろん、ワークショップも行うことが特徴的で、「ものづくり」にフォーカスしています。

作り手と使い手の交流の場を設けるこの市では陶器はもちろん、木工、金工など幅広い出展者が集まります。

他には革、ガラスなどいろいろと楽しめます

飲食ブースもありますよ!

↑目次へ戻る

三条クラフトフェア

観光などは燕三条がいいですよ!
  • 開催日時:2023年5月27日(土)~28日(日)10:00~16:30(28日は16:00)
  • 会場:三条市総合運動公園(槻の森運動公園)内芝生広場
       潟県三条市月岡4丁目36-1

新潟県で最大規模のクラフトフェアで、50弱のテントが立ち並びます。

出店内容は毎年変わりますが、

うつわ、木工、ガラス、染織物、革製品、金工、竹、あみ組細工、、粘土、版画…など、

全国から作家さんがあつまり、来場者数も5万弱程あつまるクラフトフェアです!

雑貨が並ぶのも特徴と言えますね

もちろん飲食ブースもあり、体験、実演ブースもありますよ

↑目次へ戻る

クラフトフェアまつもと

入口にある看板

日時:2023年5月27日(土)~28日(日)10:00~17:00(28日のみ9:00~)
会場:〒390-0812 長野県松本市県3丁目1 あがたの森

毎年松本市で開催されるクラフトフェアで、作り手さんと直接話しながら多くの品を見ることができます。

出展される方は毎年抽選で選ばれているので毎回同じではありません。

うつわなどの陶磁器関係、木工、鋳造、織物…などなど、

幅広くモノづくりに関するものが見られます。

とにかく目の保養にもなりますし、「こういったものがあるんだ」という発見が何より楽しいです。

民藝やうつわ好きは外せないイベントですね

飲食ブースもいろいろあるので小腹がすいたらそちらをどうぞ!

また、行く途中のイオンモール松本、縄手通り入り口スペースでも出店があります。

町中でこのようなイベントスペースがあります。

松本城へ行く道すがらよれる場所ですので、ぜひぜひ足を運んでみてください。

松本城はもちろんですが、旧開智学校や松本民芸館もぜひ!

↑目次に戻る

6月の陶器・クラフト市

欧州のうつわなら、ここが確実でおすすめ!

にわのわ アート&クラフトフェア・チバ

  • 開催日時:2023年6月3日(土)~4日(日) 決定
  • 会場:佐倉城址公園 〒285-0017 千葉県佐倉市城内町官有無番地

こちらのクラフトフェアは「千葉」にこだわりがあるクラフトフェアで、

千葉に在住している、千葉で制作活動をしている、千葉に住んだことがある

の3点いずれかに該当する作家さんが集まるユニークなクラフトフェアです。

情報交換の場としても活用してもらいたいからだそう!

クラフトフェアですのでジャンルは様々!

うつわ、工芸、アート、飲食…一日楽しめる内容です。

佐倉城址公園で開催されますので、観光も兼ねてどうぞ!

↑目次へ戻る

ハンドクラフトフェアinNAGOYA

会場となる吹上ホール 公式HPより引用
  • 開催日時:6月23日(金)~6月24日(土) 10:00~17:00
  • 会場:名古屋市中小企業振興会館・吹上ホール
    〒464-0856 愛知県名古屋市千種区吹上2丁目6−3
  • 電話番号:052-232-0131(名古屋釦服飾手芸卸協同組合)

おもしろい特徴のあるクラフトフェアで、出展内容が

ファッション、クラフト、ホビー関連企業の他、手芸小売店、手工芸作家、学校、 教室…と、

企業や地元の専門学校なども参加するイベントとなっております。

東海地域のつながりを大事にしているんですね!

一般参加だけでなく、企業や学校も参加するのが大きな特徴ですね!

リメイクコンテスト、展示コーナーあり、トークイベントなどなど…とイベントも豊富ですよ。

こちらのイベント、入場料が500円かかります。が、入場時に200円分の金券がもらえるので実質300円の入場料です。

事前販売はないようので当日会場で入場料をお支払ください!

↑目次へ戻る

7月の陶器・クラフト市

あおもりクラフトフェアA-line 八ヶ岳クラフト市 えべつやきもの市 ハンドメイドジャパンフェス

も開催予定です。

欧州のうつわなら、ここが確実でおすすめ!

ヨコハマハンドメイドマルシェ

会場となるパシフィコ横浜
  • 開催日時:2023年7月1日(土)~2日(日)11:00~18:00 決定!
  • 会場:パシフィコ横浜展示ホール B・C・D
       〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1-1

日本最大規模を誇るイベントで、全国のクリエイターやアーティストが約2,500も集まります。

各ブースでは手作りによる作品やフードなどが立ち並ぶ様子はまさに壮観です!

展示販売のみならず、ハンドメイド体験も可能で見て買って体験して楽しい2日間となるでしょう。

ちなみに入場にはチケットが必要ですのでお忘れなく…

当日券…\1,200 前売り券…\1,000(小学生以下は無料!)

(小学生以下は入場無料)

2日間時間をかけて楽しむのがいいですよ

とかく、ブースの数が半端ないので事前に目当てをつけて計画的に動いてください!

↑目次へ戻る

えべつやきもの市

江別市役所。こちらの北側が開催地です。
  • 開催日時:2023年7月13日(土)~14日(日)10:00~17:00(14日は16:00)予想
  • 会場:江別市役所北側緑地  〒067-8674 北海道江別市高砂町6

江別市役所の北側すぐにある緑地公園で開催される陶器市です。

会場となる江別はやきものとレンガの街として有名なんですよ

やきものに限らず、道内作家によるガラス。金属工芸品の販売もあり、飲食ブースや物産コーナーもあるのが特報です。

道内の作家が集まる貴重なイベントです

一つ手前の駅「野幌」にあるセラミックアートセンターとも提携し、期間中に絵付け体験、陶芸体験のほか、

木工やガラスなどのクラフトマーケットも開催されるので併せてチェックです!

ちなみに野幌までは市役所から10分もしませんよ

↑目次へ戻る

8月の陶器・クラフト市

京都五条坂陶器祭り も開催予定です

欧州のうつわなら、ここが確実でおすすめ!

会津本郷せと市の概要

  • 開催日時:8月7日(日)早朝4時~正午まで
  • 会場:〒969-6042 福島県大沼郡会津美里町瀬戸町通り周辺

瀬戸通りを地元の窯元や、会津漆器、工芸品、朝採れの野菜など、約100の露店が並ぶ朝市です。

夜明け前の開催となるので懐中電灯などは携帯必須です!

店によっては品切れで7時や8時など早い時間に店じまいをすることもあるので、気を付けてくださいね。

↑目次へ戻る

京都五条坂陶器祭り

  • 開催日時:2023年8月7日(土)~10日(火)予想
  • 会場:若宮八幡宮および五条通の東大路通~川端通間の南北歩道上
    〒605-0846 京都市東山区五条橋東五丁目480
  • 電話番号:075-541-1192(五条坂陶器祭運営協議会)

五条坂の道に約400にも及ぶ店が立ち並び、京焼、清水焼はもちろん全国の焼き物がつどう陶器市です。

うつわのみならず、日用品や美術品の販売もありしかも通常より安い値段で購入が可能です!

ちなみに若宮八幡宮は「陶器神社」とも呼ばれています。

それもそのはず、五条坂は清水焼発祥の地であり、作陶でにぎわった場所でもあります。

ちなみに若宮八幡宮は美人祈願の神社でもありますよ…!


↑目次へ戻る

9月の陶器・クラフト市

せともの祭 伊賀焼陶器祭り 西日本陶磁器フェスタ Craft市 in どんぐりコロコロ秋市 波佐見あちこち陶器まつり などが開催予定!

欧州のうつわなら、ここが確実でおすすめ!

せともの祭

加藤民吉
  • 開催日時:2023年9月9日(土)~10日(日)9:00~18:00 (10日は~17:30)予想
  • 会場:瀬戸市瀬戸川沿い

1929年(昭和4)から続く日本最大級の陶器市です。会場である瀬戸川沿いには200余りの窯元、卸問屋が立ち並びます。

会場は瀬戸駅を降りて目の前の川沿いです

各種イベントもあり非常に活気のある陶器市!日本最大級は伊達じゃありません。

先手必勝、で10日朝早くからいいものを探してもいいですし、残り物には福がある、で割引狙いで11日の遅い時間でもいいですよ。

イベントも盛りだくさんです!公式サイトでチェック!

特に最終日はさらなる割引があったりしますよ!

↑目次へ戻る

西日本陶磁器フェスタ

  • 開催日時:2023年9月14日(木)~18日(月・祝)10:00~17:00 予想
  • 会場:西日本総合展示場 新館・本館(中展示場) 北九州市小倉北区浅野3-8-1
  • 電話番号:北九州観光コンベンション協会事業部 093-511-6800

陶芸をテーマとし、23年で45回目となる陶器市です。

西日本、と銘打っていますが立地の話で全国各地のうつわが楽しめます。

ちなみにテーブルウェアや花器など、様々な焼き物も見られます!

最大の特徴はなんといってもそのイベントの多さ!

例えば、各窯のワークショップ、作陶体験、生け花体験、お茶席などなど…

みて、ふれて、楽しむことができるのもうれしいポイントとなっています。

当日は入場券が必須ですのでご注意を。ちなみに、

当日券600円(高校生以下無料)前売券400円

となっております。

高校生以下無料なのも太っ腹ですね!

↑目次へ戻る

伊賀焼陶器まつり

  • 開催日時:9月23日(金)~25日(日) 9:00~17:00予定。※最終日のみ16:00
  • 会場:あやまふれあい公園内「すぱーく阿山」 〒518-1315 三重県伊賀市川合3376-12
  • 電話番号:0595-43-0035

陶器まつり大即売市が目玉!お手頃価格で買えるだけでなく、作家さんと直接話せる機会です。

お気に入りのうつわを見つけてください。

また、作品展も同時開催予定ですので目の保養にどうぞ。

他のにもお茶席、ろくろの体験と実演があります。お時間が合えばこちらも覗いてみてください

↑目次へ戻る

10月の陶器・クラフト市

欧州のうつわなら、ここが確実でおすすめ!

仙台・杜の都のクラフトフェア

会場となるサンモール
  • 開催日時:23年10月6日(金)~8日(日)11:00~19:00(8日のみ10:00~17:00)予定
  • 会場:仙台市青葉区一番町・サンモール一番町アーケード街

仙台・杜の都のクラフトフェアは毎年仙台市の中心地で行われるクラフト市です。

うつわをはじめ、木工、金工、革、ガラス…などなど多岐にわたります。

平日開催があるのは町行く人々にもクラフトとの出会いをつくりたいからだそうです。

昨年の出展者についてはこちらからどうぞ。

↑目次へ戻る

みかわち陶器市

  • 開催日時:10月10日ごろ 9:00~17:00予定
  • 会場:〒859-3151 長崎県佐世保市三川内本町343 三川内焼伝統産業会館
  • 電話番号:0956-30-8080

開窯以来400年以上の歴史を誇る「三川内焼」。

国の伝統的工芸品にも指定されており、佐世保市を代表する特産品です。

3皿山(三川内、木原、江永)の窯元と商社が三川内焼伝統産業会館前で販売を行います。

通常価格より、2~5割ほどで購入できるうえ、価格交渉も可能(店舗によると思いますが…)

通常ならお高い三川内焼も安く買えるチャンスです!

↑目次へ戻る

萩・田町 萩焼まつり

  • 開催日時:10月8日(土)~10日(月) 10:00~17:00
  • 会場:萩・田町商店街(ジョイフルたまち) 山口県萩市東田町84
  • 電話番号:萩・田町萩焼まつり実行委員会 0838-26-2201

商店街で開催され、アーケードには約40程の出店します。

通常価格よりお買い得に買うことができるのでお気に入りをぜひ見つけたいところです。

商店街であるのでうつわ以外にも名産の販売や 音楽祭、茶席といった、イベントもあり楽しめる陶器市です。

↑目次へ戻る

常滑焼まつり

  • 開催日時::10月8日(土)~10日(月・祝)
  • 会場:愛知県常滑市。ボートレース常滑、セラモール、やきもの散歩道、イオンモール常滑 計4か所

常滑陶磁器卸商業協同組合、とこなめ焼協同組合をはじめとする50以上の店舗や窯元が参加。

掘り出し物はもちろん、通常よりお安く常滑焼を買うチャンスです!

各会場ごとにイベントが催され、

陶芸体験をはじめ、盆栽展、招き猫グッズ販売(常滑は招き猫でも有名)などがあります。

目玉はポートレースとこなめ会場で行われる「大即売市」です。

常滑駅からは各会場へ無料のシャトルバス9:00~17:00の間30分間隔で出ます。

↑目次へ戻る

たじみ陶器まつり

  • 開催日時:10月9日(日)~10日(月) 8:30~5:30(雨天決行)
  • 会場:多治見美濃焼卸センター 〒507-0071 岐阜県多治見市旭ケ丘10丁目6-33
  • 電話番号:0572-27-7111

単なる陶器市ではなく、グルメあり、イベントありのお祭りのような雰囲気です。

陶器のみならず、「クラフトマン通り」では衣類、アクセサリーなどの販売を行ったり、体験コーナーやデザインコンテスト等イベント盛りだくさんです。

中でも目玉なのは「大廉売通り」通常より2~3割以上安く買い物ができちゃいます!

また、「ちびっこ広場」も併設されお子さん連れも行きやすい環境です。(ただし、21年はコロナの関係?でありませんでした)

↑目次へ戻る

信楽焼陶器祭り

  • 開催日時:10月7日(金)~16日(日)予定 開催時間は店舗によって異なります。
  • 会場:信楽町内一帯
  • 電話番号:信楽焼陶器祭り 0748-82-0039

今年で開催69回目となる陶器市で、会場は町一帯の店舗で行われます。

他には「信楽駅」駅前で大即売り会や、陶芸の森で信楽陶器総合展が開催されます。

特に駅前の大即売り会では通常よりも最大5割近い割引がされています!

21年は実施されなかったので今年も即売会はないかも…?

が、クーポン券の発券があるかもしれません

↑目次へ戻る

小鹿田焼民陶祭

  • 開催日時:10月8日(土)~9日(日) 開催時間は店によって異なります。
  • 会場:小鹿田焼の里
  • 電話番号:〒877-1241 大分県日田市源栄町234

日本の原風景が残る日田市。10件ほどの窯元がそれぞれの庭先で小鹿田焼民の販売を行います。

通常価格より廉価で購入ができますよ。

小鹿田焼民は300年余りの歴史を持ち、「唐臼」のみで造る独特の製法を持ちます。

柳宗悦バーナード・リーチにより大きく評価され、民藝のうつわとなった小鹿田焼です。

↑目次へ戻る

備前焼まつり

  • 開催日時:10月15日(土)~16日(日) 9:00~17:30(最終日は16:30まで)
  • 会場:JR赤穂線 「伊部駅」周辺 〒705-0001 岡山県備前市伊部1657-7
  • 電話番号:岡山県備前焼陶友会 0869-64-1001

駅を中心に炎の里大通りや、備前焼本通りなど通りに多くの店が出店します。

通常より安く買えるのはもちろん、最終日閉場近くはディスカウントすることがあるのでお見逃しなく。

が、帰りの時間だけご注意ください!

ろくろ体験やお茶席、福袋販売などイベントも盛りだくさん。もちろんグルメ会場もあるのでお昼も済ませられますよ!

↑目次へ戻る

清水焼の郷まつり

  • 開催日時:10月21日(金)~23日(日)※雨天決行!
  • 会場:京都市山科区 清水焼団地一帯 〒607-8322 京都府京都市山科区川田清水焼団地町10-2
  • 電話番号:清水焼団地協同組合 075-581-6188

今までは出店を限定しませんでしたが、今回からは、京焼、清水焼に限定したまつりに変更されます。

お買い得商品はもちろんですが、一点ものの作品が購入できるチャンスです!

他にもグルメ出店や、伝統工芸を体験できるワークショップも開催予定だそうですよ。

今まで100を超える出店がありましたが今年からどうなるのか

↑目次へ戻る

上野焼秋の窯開き

  • 開催日時:10月28日(金)~30日(日)予定 9:30~17:00頃
  • 会場:上野焼陶芸館 〒822-1102 福岡県田川郡福智町上野2811 
  • 電話番号:0947285864

会場は上野焼陶芸館を中心に各窯元で開催されます。窯元は陶芸館を中心に点在しています。

少し歩く場合もありますが気合い入れていきましょう。

「秋の窯開き」は春とは違い参加窯元が工夫を凝らした新作や創作の品々を発表する機会となっています。

お得に買えるのはもちろん、自然の多いところなのでのんびりできるかもしれませんね。

↑目次へ戻る

八ヶ岳クラフト「みのりの秋の市」

会場の八ヶ岳自然文化園
  • 開催日時:10月7(金)~9日(日)
  • 会場:八ヶ岳自然文化園 〒391-0115 長野県諏訪郡原村17217-1613
  • 電話番号:0266-74-2681

毎年冬以外、春・夏・秋と開催されるクラフト市です。(冬は寒くて無理でしょうね)

うつわはもちろん、衣服、革製品、工芸品など種類は多岐にわたります。

キッチンカーもあるので食事もできますよ!

会場となる八ヶ岳自然文化園にはプラネタリウムや、スポーツ施設が多数あり、お子さんと一緒でも遊ばせるスペースが多数あります。

自分はクラフト市を回り、ご主人とお子さんはそちらに…
ということもできます

↑目次へ戻る

ARTS&CRAFT静岡手創り市

  • 開催日時:10月8日(土)~9日(日) 9:00~16:00
  • 会場:靜岡縣護國神社 〒420-0821 静岡県静岡市葵区柚木366
    ※携帯のナビを使うなら「大鳥居「一の鳥居」」で検索してください!そうしないと遠回りになります!

ARTS&CRAFT静岡手創り市は毎年春と秋の2回開催されているクラフト市です。

それぞれ開催のテーマが定められ、それに沿った内容で運営がされています。

出店はうつわ、木工、金工、ガラス、染め物など多岐にわたり、フード関係の出店もあります。

2022年秋の出店はこちらからご確認ください

会場のレイアウトもわかるのでアクセス前にご確認を

毎回顔触れが変わるため年に2回楽しみがある市です

↑目次へ戻る

工房からの風

  • 開催日時:10月29日(土)~30日(日)
  • 会場:ニッケ鎮守の杜 〒272-0015 千葉県市川市鬼高1-1-1 
  • 電話番号:047-370-2244

毎年千葉県市川市のニッケ鎮守の社で行われるクラフト市です。

うつわをはじめ、木工や染め物、金工など様々な作品の売買が可能です。

この市は若手工芸作家の登竜門と呼ばれており、新鋭の作家さんに出会えますよ。

このクラフト市の熱意は公式HPを一読していただくと理解が深まると思います。

↑目次へ戻る

秋の民陶むら祭

  • 開催日時:2022年10月5日(水)~10(祝)
  • 会場:小石原焼伝統産業会館 〒838-1601 福岡県朝倉郡東峰村小石原730-9
  • 電話番号:0946-74-2266

小石原焼伝統産業会館 を会場とし、小石原焼と高取焼の大陶器市です。

期間中は50程の窯元が出店、2割引きで様々なうつわが購入できます。

例年は多数イベントがあるのですが、2022年秋はすべて中止の模様です…。

↑目次へ戻る

多摩くらふとフェア

  • 開催日時:10月9日(日)~10日(月) 9日:10:00~17:~00 10日:10:00~15:00
  • 会場:クロスガーデン多摩 屋上 〒206-0033 東京都多摩市落合2丁目33

実に3年ぶりの開催となる多摩くらふとフェアです。

クラフト市ですので、うつわのような陶磁器をはじめ、金工、木工、革、染め物などなど、様々な作品と出会えます。

例年では多摩中央公園での開催ですが、今年はクロスガーデン多摩開催ですのでご注意ください。

ショッピングセンター屋上となるので、お昼なども済ませられますね

↑目次へ戻る

五十鈴の森クラフトフェア

五十鈴川
  • 開催日時:10月中?
  • 会場:五十鈴公園 〒516-0023 三重県伊勢市宇

伊勢神社のほど近くにある五十鈴公園で開催されるクラフトフェアです。

陶器をはじめ、ガラス・金属・川・木工などなど、クラフトフェアならではの出店が楽しめます。

ワークショップも開催されており、ライブなどのイベントも開催されています。

フード関係も充実しており、1日のんびり楽しめます

↑目次へ戻る

川口暮くらふと

  • 開催日時:10月29日(土)(例年は10月最終土曜日)
  • 会場:アートパーク(並木元町公園)
    〒 332-0033 埼玉県川口市並木元町1-1 アートパーク(並木元町公園内)

サッポロビール工場の跡地にできた公園で開催されるクラフト市です。

川口暮らふとは、「ものづくりの精神」にそっと耳を傾け、この街の歴史や文化を見つめ直し、

「暮らし」について考えるきっかけとなることを願いながら2011年に始まったそうです。

会場は広いため、お子さんがいても遊ばせるスペースは十分です

商業施設もすぐ隣にあるのでべんりですよ

↑目次へ戻る

丹波焼陶器まつり

  • 開催日時:10月6日(木)~23日(日)
  • 会場:丹波伝統工芸公園 〒669-2135 兵庫県丹波篠山市今田町上立杭3

今年で45回を数える丹波焼陶器まつりです。期間中は周辺の窯元ごとに様々な催しが行われます。

距離的にすべては回り切れないので、ある程度目星をつけたうえで行きましょう。

現地でレンタカーを借りるのも手だと思います!

JR「新三田」駅にトヨタレンタリースがありますよ

また、期間中には「どどっと土曜市」や「軽トラ市」も開催されます。

どどっと土曜市
日程:10月8日・15日(土)10:00~16:00
会場:陶の郷

軽トラ市
10月22日(土)10:00~16:00
会場:丹波篠山市今田町立杭地区宮前線

ちなみに、10月の8日(土)・9日(日)・15日(土)・22日(土)の4日間は陶の郷の入園が無料になりますよ。

↑目次へ戻る

多摩くらふとフェア

多摩中央公園

開催日時:10月9日(日)~10日(月) 9日:10:00~17:~00 10日:10:00~15:00
会場:クロスガーデン多摩 屋上 〒206-0033 東京都多摩市落合2丁目33
※例年は多摩中央公園ですが、22年のみクロスガーデン多摩でした。

22年は3年ぶりの開催となった多摩くらふとフェアでした。

23年は開催地が多摩中央駅に戻るかもしれないので注意

↑目次へ戻る

11月の陶器・クラフト市

欧州のうつわなら、ここが確実でおすすめ!

美山CRAFTWEEK

  • 開催日時:10月29日(土)~11/6(日)
  • 会場:日置市東市来町美山一円
  • 電話番号:099-248-9409

感染症の影響から中止となった「美山窯元祭り」の代替企画として、

美山CRAFTWEEK」が開催されました。

イベントやフードコートはありませんが、薩摩焼をはじめ様々な工芸品の販売があり、

各窯元での陶芸体験などができるイベントになっています。

もちろん割引価格で買えますよ!

↑目次へ戻る

辰まつり

画像引用:肥前吉田焼窯元協同組合より
  • 開催日時:2022年11月3日(木)~2022年11月6日(日) 9:00~17:00
  • 会場:肥前吉田焼窯元会館 〒843-0303 佐賀県嬉野市嬉野町大字吉田丁4525-1
  • 電話番号:0954-43-9411

去年は開催時期に合わせて窯元工場見学ツアーが開催されました、

また、吉田焼のうつわつきのお弁当販売もあり、今年も実施が期待されます!

通常7,000円の御膳がなんとうつわ付きで2,000円という太っ腹ぶり

佐賀県嬉野市は日本三大美肌の湯として知られる「嬉野温泉」を有し、

嬉野茶が特産であるため、茶器を製造する窯元が多いです。

どこかノスタルジックなデザインから、ポップな水玉などかわいらしいうつわが多い吉田焼です。

↑目次へ戻る

陶と暮らし

  • 開催日時:11月3日(木)~6日(日) 9:00~16:00(最終日のみ15:00)予定
  • 会場:笠間工芸の丘 〒309-1611茨城県笠間市笠間2388-1
  • 電話番号:0296-70-1313

暮らしを彩るうつわと手仕事の祭典

を銘打って開催され、くらしのワークショップをはじめ、出店作家のカップで珈琲が楽しめる陶くらcaféなどがあります。

2年ぶりの開催となった去年では、販売・飲食ブース合わせて115店舗の方が出店されたそう!

今年もにぎやかになりそうですね

↑目次へ戻る

益子秋の陶器市

  • 開催日時:11月3日(木・祝)~7日(月)  9:00~17:00
  • 会場:栃木県芳賀郡益子町
  • 電話番号:0285-70-1120(益子町観光協会)

1996年に始まったこの陶器市も100回を超えました。

年間60万人をこえる来場者を誇るイベントです。

陶器店はもちろん、作家さん自身が出店しおよそ500を超える店が並びます。

もちろん通常よりもお手頃価格で買え、最終日はさらに安くなる可能性も…?

城内坂、サヤド地区中心を中心に町全体で行われます。

会場が結構広いのに加えて非常に混みますので、あらかじめ目星をつけておくことをお勧めします。

のんびり1日かけて歩くのもいいですが、人が多いので…

とはいえ、人気作家さんは開始前から行列ができるので、早い人だと6時ぐらいから並ぶ人もいるそうです。

ちなみに紙媒体のパンフレットが春にはなかったので公式サイトであらかじめダウンロードしておいてください。

↑目次へ戻る

鍋島藩窯秋まつり

  • 開催日時:11月1日(火)~6日(日) 9:00~17:00
  • 会場:伊万里市大川内町 〒848-0025 佐賀県伊万里市大川内町丙231-2
  • 電話番号:鍋島藩窯秋まつり実行委員会 0955-23-7293

秘窯の里」と呼ばれている伊万里市大川内山で、約30の窯元による陶器市です。

地元物産店のほか、抽選で焼き物が当たるスタンプラリーなども実施されます。

秘窯の里 陶板お菓子セットの販売もあります!

会場は以下のチラシを見ていただければわかりやすいのですが、鍋島藩窯秋まつりチラシ

伊万里・有田焼伝統産業会館を入口に始まる大川内町で行われます。

↑目次へ戻る

大谷焼まつり

  • 開催日時:11月12日(土)~13日(日)予定 9:00~16:00
  • 会場:大谷焼の里 各窯にて
  • 電話番号:大麻町商工会 088-689-0204

まだ公式から日程発表はありませんが、例年では第二土曜で実施です。

19年までは東林院での開催でしたが、20年よりコロナの関係で各窯開催となっています。

期間中はお買い得価格で大谷焼が買えるほか、大谷焼名陶展、近所の堀江北小学校で書道や陶芸展も開かれます。

↑目次へ戻る

やちむんと工芸市

  • 開催日時:11月5日(土)~6日(日) 10:00~18:00
  • 会場:Gala青い海特設会場 〒904-0323  沖縄県中頭郡読谷村字高志保915番地1
  • 電話番号:098-989-8186

開催時期は毎年変わりますが、おそらく11月第一週の土日だと思います。

5~6日開催で決定のようです!

他の陶器市と違い、琉球ガラスも参加することがある陶器市。

通常より2割引きほどされたやちむんを買うチャンスとなります。

工芸市ですのでうつわに限らず多様なものが見られます。

↑目次へ戻る

秋の砥部焼まつり

松山城

開催日時:11月5日(土)~2022年11月6日(日) 9:00~17:00(6日は16:00)
会場:砥部町陶街道ゆとり公園 〒791-2195 愛媛県伊予郡砥部町千足400番地
電話番号:089-962-7288(砥部町商工観光課)

約70程の窯元が集い、対面販売が行われます。2割から8割と、窯によっては太っ腹価格で購入も…?

会場までのアクセスがやや大変です

↑目次へ戻る

東京繭の市

国営昭和記念公園
  • 開催日時:2023年11月17日(金)~19日(日)9:30~16:00予想
  • 会場:国営昭和記念公園 みどりの文化ゾーン ゆめひろば(東京都立川市緑町3173)

繭の市、ということで掘り出し物を探すにはうってつけのイベント。

日本全国から様々な分野の出店があり、工芸、雑貨、音楽、飲食などなど盛りだくさんです

もちろんワークショップやライブもアリ!

フォトコンテストも実施!ぜひ参加してみて…!

特に、ヴィンテージ好きにはたまらないイベントかと思います。

とにかく出店数が半端ないので計画的に見て回りましょう!

こちらのイベントは入場にチケットが必要です。22年は下記の通り…

前売り券 ¥1,200
当日券  ¥1,500
※中学生以下は無料

↑目次へ戻る

壺屋陶器まつり

  • 開催日時:11月18日(金)~20日(日)
  • 会場:壺屋小学校 〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3丁目14-12

小学校で開催される陶器市で、やちむんが全品2割引きで購入できます。

この陶器市の目玉は、「カーミースーブ」です。

「カーミースーブ」とは、沖縄の方言で甕(カーミ)の勝負(スーブ)という意味で、

陶工が決められたテーマに沿った作品をいかに早く作るか競うイベントです。

また、小学校のPTAによる郷土料理が楽しめます。お昼はここでぜひ食べてみてください。

他には無料でろくろ体験もできますよ

↑目次へ戻る

灯しびとの集い

大仙公園の日本庭園
  • 開催日時:11月12日(土)~ 11月13日(日)10:00~16:00*雨天決行・荒天中止
  • 会場:大仙公園 〒590-0802 大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁204

堺町から、人と人とのつながりをモノや食を通して関西一円をはじめ全国にも広げて行きたい。

という理念の基、始まったクラフト市です。

当日は100組程度の出店があり、陶器をはじめ金工、木工、ガラスなどが出そろいます。

飲食ブースや各種イベントも実施される予定!

会場は中央図書館、博物館、茶室、都市緑化センターの建設や都市緑化植物園、大芝生広場、日本庭園といった

施設もあり、クラフト市以外でも見どころがありますよ。

↑目次へ戻る

暮らすトコロマーケット

会場の航空記念公園
  • 開催日時:11月19日(土) ~20日(日)   10:00~16:00
  • 会場:県営所沢航空記念公園内 所沢航空発祥記念館前 広場
    〒359-0042 埼玉県所沢市並木1-13

2015年から続く暮らすトコロマーケット(暮らトコ)はクラフトとアート、食と農と音楽とが融け合うマーケットです。

陶器、木工、金工、ガラス、革、衣服、飲食、音楽…幅広い出店が楽しめます。

会場は所沢航空記念公園で、広大な敷地内には所沢航空発祥記念館をはじめ、人工芝運動場といった運動施設や

野外ステージ、茶室、日本庭園などもありますよ。

暮らすトコロマーケットと合わせておたのしみください

↑目次へ戻る

まとめ

本記事では「【一覧】2023年全国開催予定の陶器市・クラフト市日程まとめ」について書きました。

2023年からは大々的に人もうつわも大きく移動ができる年になりそうです。

全国津々浦々、開催される陶器市・クラフトフェアを思う存分おたのしみください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次