【さくっと解説】六古窯が一つ瀬戸焼の歴史や特徴【瀬戸染付焼・赤津焼】

  • URLをコピーしました!

瀬戸は坂が多くて結構疲れます。こんにちは、筆者( .@azusagut )です。

みなさん、陶磁器のことを何と呼びますか?

せとものという言い方をする方も多いのではないのでは。

六古窯の一つで、陶磁器の代名詞になるほどの「瀬戸焼」。

どうしてそれほどまでに大きく成長したのでしょうか?今回はその瀬戸焼の、

  • 歴史
  • 特徴
  • 資料館・美術館
  • 陶器市

についてさくっとお話をしていきます。

他のやきものについては↓コチラから。

目次

瀬戸焼の発祥。歴史と発展

愛知と岐阜の境に位置しています。

現在の愛知県瀬戸市に起こった瀬戸焼。その発祥は鎌倉時代初期までに遡ります。

この地域は「瀬戸群層」と呼ばれる地層があり、ここでは豊富な粘土、ガラスの原料の珪砂(けいしゃ)が採れました。

そんあ恵まれた地域で起きた瀬戸焼は、鎌倉時代より、国内で唯一施釉(せゆう)陶器を焼いていました。

これらは「古瀬戸」と呼ばれ、神仏ゆかりの品が多く、非常に価値あるものとして扱われていました。

室町時代には国内最大の窯場にまで発展をしますが、戦乱を逃れ陶工が美濃に移ってしまいました。

これを「瀬戸山離散」といいます。これをきっかけで「美濃焼」「瀬戸黒」「黄瀬戸」などの技法が生まれました。

ちなみに、この「古瀬戸」の技法は、瀬戸市南東に位置する赤津(あかづ)に息づいていますよ。

この伝統的な技法で造られたものを「赤津焼」と呼ばれています。

質素なたたずまいで日常使い向き。

↑目次へ戻る

瀬戸焼の転機

加藤民吉

瀬戸山離散ののち、衰退の一途をたどる瀬戸焼は、尾張徳川家が美濃の陶工を瀬戸に戻すなどして、保護していました。

江戸時代に瀬戸焼は大きな転機を迎えます。それは磁器の生産開始です。

有田焼を習った加藤民吉が、瀬戸に磁器を広めたのがきっかけです。


加藤民吉(かとうたみきち)彼のおかげで瀬戸焼は息を吹き返しました。

有田焼に倣った技法で焼かれはじめ、その勢いは本家有田焼をしのぐほどでした。

やがて海外輸出も盛んになり、取り入れられた絵付けや、成型法がもたらされました。

これら技術を用いて瀬戸で焼かれた磁器は繊細な絵付けを施され、「瀬戸染付焼」と呼ばれました。

白い素地にコバルトの装飾が特徴です。

もちろん陶器も今まで通り焼き続け、陶器を「本業焼」、磁器を「新製焼」と呼んで区別をしていました。

↑目次へ戻る

柔軟な瀬戸焼

変化する時代に合わせて、多様なうつわを焼き続けてきた瀬戸焼は、人々の生活に密着するものでした。

そのような流れでやがて、江戸時代後期には「せともの」という言葉が浸透し、陶磁器の代名詞になるまでになりました。

現代でもその姿勢は変わらず、うつわに限らず、ノベルティ、建築陶材、碍子、ファインセラミックスなどの作成まで行っているんですよ。

余談ですが、実は「せともの」という表現は東日本で使われ、
西日本では唐津物と呼ぶそう。

↑目次へ戻る

瀬戸焼き特徴

陶器である「赤津焼」は釉薬が最大の特徴です。

主に、淡い黄緑色の灰釉と濃い褐色の鉄釉の2種類を用いています。

日常使いを考え、長く使いやすい美しさ、機能性を造っています。

一方、磁器の「瀬戸染付焼」は白い素地にコバルト顔料を用いて絵付けしたもの。

瀬戸で産出される粘土は鉄分がほぼなく、美しい白を出すことができました。

いずれにしても、「生活に沿ったうつわ」づくりのため、例えば伊万里のように、見てすぐこれは「瀬戸焼だ!」とわかる明確な特徴はないかもしれませんね。

↑目次へ戻る

瀬戸焼の資料館・美術館

個人的には以下の3つがおすすめです!

瀬戸蔵ミュージアム

あわせて読みたい
瀬戸蔵ミュージアム | 瀬戸市 瀬戸市の公式ウェブサイトです。「くらしの情報」「まちの情報」「ビジネス・産業」「ライフシーン」などの分類別に、瀬戸市から各種情報を提供しています。

歴史勉強には最適です。当時の窯が再現されており、童心にかえって楽しめますよ。行ってきました。

愛知県陶磁美術館

愛知県陶磁美術館 公式サイト
愛知県陶磁美術館 公式サイト やきもののふるさと・瀬戸に位置する、日本屈指の陶磁器専門ミュージアム。2013年6月1日に「愛知県陶磁美術館」へ。

常設、企画展はどちらも見ごたえ十分!陶芸体験もできますよ。

瀬戸市まるっとミュージアム・観光協会

せと・まるっとミュージアム 瀬戸...
せと・まるっとミュージアム 瀬戸市観光情報公式サイト 愛知県瀬戸市の観光情報サイト、せと・まるっとミュージアム公式サイト

名古屋から40~50分ほどで瀬戸には行けますので是非足を運んでみてください。

↑目次へ戻る

瀬戸焼の陶器市

瀬戸焼は年に5回ほど陶器市が催されます。

陶祖まつり

毎年4月ごろ開催。

せともの祭

あわせて読みたい
【2022年】せともの祭会場へのアクセス方法・宿泊情報などまとめ 藤井聡太さんの出身は瀬戸市です。こんにちは、筆者( .@azusagut )です。 昨年はオンラインでの開催となった「せともの祭」。4月の「せと陶祖まつり」が開催されました...

毎年9月ごろ開催。

窯めぐり

毎年5月と9月の年2回開催。

やきものワールド

やきものワールド公式サイト
やきものワールド公式サイト やきものワールド公式サイトです。「やきものワールド2022」がドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)にて2022年11月に開催いたします。

毎年11月ごろ開催。日本最大級の陶磁器フェア。

↑目次へ戻る

瀬戸焼のまとめ

本記事では「【さくっと解説】六古窯が一つ瀬戸焼の歴史や特徴【瀬戸染付焼・赤津焼】」について書きました。

柔軟な姿勢で時代にニーズに合わせたものを焼き続けてきた瀬戸焼。

今後もその姿勢を崩さず、わたしたちの生活を豊かにしてくれそうですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次